24期開講中。授業見学は対面、オンラインで3/13までできます。   2022年度25期は6月からスタート。   募集期間は3/1ー5/20。   お問い合わせ:information@pale.tv 03-3542-8099

イラスト卒業生コース

講師:前田晃伸(アートディレクター/グラフィックデザイナー)課題「雑誌「POPEYE」の「PICK UP」ページのイラストを描く」。 「POPEYE」のADである前田さんに、自分だったらこう描く!という提案をする課題です。 実際に、この中の誰かが誌面に掲載される…

講師:宮古美智代(アートディレクター/デザイナー)課題「短編小説の挿絵を描く」 実際のお仕事の流れを疑似体験する今回の課題。 今回は、描いてきたラフを元に打ち合わせをしました。 次回までに絵を完成させ、授業の中で雑誌の誌面のようにデザインして…

講師:前田晃伸(アートディレクター/グラフィックデザイナー)課題「ZINEをつくる」の講評。 今はイラストレーターにも編集能力が必要とされる、とのこと。 そのためのトレーニングとして、ZINEを作ってみる課題です。 「描いて終わりではなく、描いたもの…

講師:大島依提亜(アートディレクター)課題「オリジナルの物語を考えて、その物語の顔となる絵を描く」の講評。 それぞれ物語のあらすじを語りながら、絵を発表。 お話を考える課題は珍しく、その内容にもそれぞれの個性が垣間見えて面白かったです。 次回…

講師:上田三根子(イラストレーター)課題「自分が今後進みたい方向をふまえての新作2点と作品ファイル」の講評。 いつものデザイナー講師陣とは少し違う視点で講評していただき、方向性に迷う生徒さんの背中を押していただきました!

講師:菊地敦己(アートディレクター)課題「仕事を1つ具体的に想定し、そのイラストラフを最低5案描く」の講評。 今期もデザイナーとイラストレーターが共にプロジェクトを進めていくという仕事のやり方を体験します。 今回は、お菓子のパッケージ、フジロ…

講師:名久井直子(ブックデザイナー)課題「みんなが知ってるお話の映画ポスターを描く」の講評。 1枚の絵で、物語をどう人に伝えるか。 物語への期待感を持たせたいけれども、わからなさすぎても伝わらない。 そのあんばいをどう考えるか。 ひとりひとり…

講師:宮古美智代(アートディレクター/デザイナー)課題「与えられた文章を読んでラフを考えてくる」 「Coyote」や「MONKEY」など、主に文芸誌のデザインをされている宮古さん。 3回の授業のなかで、雑誌の挿絵の仕事を疑似体験していきます。 文芸誌の挿…

講師:大島依提亜(アートディレクター) 課題「普段のスタイルと真逆の絵」&作品ファイルの講評。 難しい課題ではありましたが、 自分のアイデンティティーではないところで描く、 という実験をやってみてほしかったとのこと。 真逆の絵を描いてみることで…

講師:前田晃伸(アートディレクター/グラフィックデザイナー) 作品ファイルの講評。 絵を描くことと、それを仕事にすることについて、 前田さんの考えを聞くことができました。 ゆっくり言葉を選びながら、理想と現実について率直に語ってくださった前田…

講師:菊地敦己(アートディレクター) 「作品ファイルの講評」 作品ファイルを見ていただきながら、 各自が抱えている課題と今後の展望を語りました。 卒業生コースは、5人のデザイナーの授業がそれぞれ3回ずつあります。 今期も菊地さんの授業では、具体…

講師:飯田淳(イラストレーター)「ポートフォリオの講評」 初回なので、ポートフォリオを講評していただきながら、 それぞれの現状と今後の目標など。 編集者との付き合い方や新しいタイプの仕事をとるための方法など、 イラストレーターの大先輩として、 …

講師:菊地敦己(アートディレクター) 今回は菊地さんの事務所で特別課外授業が行われました。前回の『仕事を一つ具体的に想定し、そのイラストのラフを最低5案、描いてくる。』という課題講評のあと、 菊地さんが媒体を絞ってデザインするために、それぞれ…

講師:大島依堤亜(アートディレクター)2回目の授業の後、個別に出されていた課題の講評をしていただきました。 3回の授業のなかで、今まで気がつかなかった良い部分や個性を引き出すような課題が出され、 それぞれの成長が見られました。 そして、今回は…

講師:名久井直子(ブックデザイナー)[個別課題の講評]今回は名久井さんの3回目の最後の授業となりました。 前回の皆さんの作品を見た上で個別課題が出されていました。 それぞれ、個性を引き出しつつ、新しく挑戦するような内容の課題を発表しました。 映…

講師:前田晃伸(アートディレクター/グラフィックデザイナー)<課題> 「架空書籍のカバーイラストを描く」 これは、実際にポパイで連載されている「時間の話」というページで、時間について毎月一人の作家に短編を書いてもらい、短編に基づいたイラスト…

講師:宮古美智代(アートディレクター/デザイナー) 課題「原稿を読んでラフを描いてくる」の講評 今回は2回目の授業で打ち合わせをしたラフをそれぞれが本番用に描き上げてきました。データにしたものを、その場で宮古さんがレイアウトしながら、絵の見せ…

講師:菊地敦己(アートディレクター) <課題> 仕事を一つ具体的に想定し、そのイラストのラフを最低5案、描いてくる。 使われるシチュエーションが見えると自分が何をしたいかがわかるための課題でした。 映画の宣伝用イラスト、月刊誌の表紙イラストなど…

講師:上田三根子(イラストレーター) <課題>いちばん見て欲しい作品の講評 それぞれがの作品の売り込みプレゼンテーションを3分くらいづつして、作品講評していただきました。 一人一人、丁寧に、作品の方向性を探り、どんな仕事をしていきたいかも一緒…

講師:宮古美智代(アートディレクター/デザイナー) 課題「原稿を読んでラフを描いてくる」の講評 2回目の今日は、前回配られた3見開きの原稿を読んで、誌面のレイアウトも含めたラフを描いてきました。 ひとりひとり、擬似打ち合わせのような形での講評…

講師:長崎訓子(イラストレーター) 事前に配布した「3つのキーワード」を元にしたイラストレーションを作ってきてください。●ラフスケッチ 3枚以上 ●仕上げたもの 1枚以上サイズ、画材などは自由。「キーワード」の扱いについては各自で判断すること。 …

講師:名久井直子(ブックデザイナー)[個別課題の講評]名久井さんが前回の皆さんの作品を見た上でそれぞれに課題が出されていました。 その人の良い部分を生かす部分と苦手なことを克服できるような課題でした。 講評では更にアドバイスしていただき、みな…

講師:宮古美智代(アートディレクター/デザイナー) 課題『原稿を読んでラフを描いてくる』 最初に課題講評をしていただきました。 文章の中の言葉をそのまま描いて、説明的にするのではなく、一度自分の中で読み取ったものを置いて、 そこから強固してい…

講師:名久井直子(ブックデザイナー)課題 『誰でも知ってそうな物語、たとえばシンデレラとかももたろうとか……に描かれている時代や国などを変えて、描いてくる』の講評 今回の課題は時代背景が変わっても、物語が想像できることが必要条件でした。それぞ…

講師:菊地敦己(アートディレクター) 『絵について話す」それぞれが菊地さんにポートフォリオと原画を見せながら技法や画材、モチーフの選び方や、自分が考える自分の絵の活かしたいところ、または問題点などを話しました。 菊地さんにそれぞれの問題点や…

講師:前田晃伸(アートディレクター/グラフィックデザイナー)課題『ZINEを作る』の講評まず最初に前田さんが作られたZINEを見せていただきました。 いかに自分の世界観を1冊に落としこめ、説得力のあるZINEを作れるかが今回のポイントとなりました。 自…

講師:大島依堤亜(アートディレクター) 課題『自分の代表作を100mm×100mmの正方形サイズで描き下ろす』 ポートフォリオを見ながら、課題の講評をしました。 ただ単に縮小するのではなく、与えられたサイズの中で自分の持ち味をどれだけ表現できるかがポイ…

講師:前田晃伸(アートディレクター/グラフィックデザイナー)最初に全員のポートフォリオを見ながら、作品の傾向やどんな仕事をしていきたいかなど聞いていきました。 2回目の授業までに、テーマは自由で自分の得意なことを表現した16ページのZINEを作っ…

講師:飯田淳(イラストレーター)<課題> ポートフォリオの講評まず最初にイラストレーターとして飯田さんが実践されていることや経験されてきたことをお話いただき、仕事を長く続けていくためのアドバイスをしていただきました。 飯田さんご自身、常に色…

講師:服部一成(アートディレクター) 『魅力的なポートフォリオのために連作を考えてくる』の講評服部さんの3回目の授業でした。 ポートフォリオに、授業の課題の絵や、依頼されて書いた仕事の絵をただ並べるだけだと、1点ずつの絵がよくても、印象が散漫…