現在22期開講中。お問い合わせ:information@pale.tv 03-3542-8099

2/9 イラスト卒業生コース

講師:長崎訓子イラストレーター)

f:id:parekura:20200214125011j:plain

課題「架空の街の地図と観光案内を描く」

 

お仕事でもよくある「イラストマップ」というテーマに対して、どれだけ自分の面白さを出せるか。

地図と観光案内ということで、編集能力も求められる課題です。

 

ラフの段階で出ている良いアイディアがまとめる段階で消えてしまいがち。

伝わりやすさと自分らしさは両立する。

その自分なりのバランスをそれぞれの作品に即して一緒に考えてくださいました。

f:id:parekura:20200214125030j:plain

f:id:parekura:20200214125051j:plain

f:id:parekura:20200214125100j:plain

 

3冊の短編文学漫画集の著書もある長崎さんですが、現在「飛ぶ教室」で連載中の『子どもたちによろしく』も書籍化してほしいです。

イラストレーターの書くまとまった文章がもっと気軽に読めるといいのになぁと思います。

 

そしてパレットクラブでは、5月に長崎さんの個展を開催予定です!

長崎訓子展』

5月1日(金)〜24日(日)

13:00〜19:00 火曜休み

パレットクラブにて

 

最後に長崎さんの漫画集を1冊ご紹介。

 

『MARBLE RAMBLE』

marble ramble 名作文学漫画集

marble ramble 名作文学漫画集

  • 作者:長崎訓子
  • 出版社/メーカー: パイインターナショナル
  • 発売日: 2015/08/25
  • メディア: 単行本
 

いわゆる「奇妙な味」な小説のセレクトがクールです。

アイロニカルだけれどどこかユーモアを感じさせるのは、物語のせいか長崎さんの絵と構成によるものか。

原作と読み比べるのも楽しいです。

向田邦子「鮒」が最高。

装幀は大島依提亜さん。

 

Catnappers 猫文学漫画集

Catnappers 猫文学漫画集

  • 作者:長崎 訓子
  • 出版社/メーカー: ナナロク社
  • 発売日: 2019/09/16
  • メディア: 単行本
 
Ebony and Irony 短編文学漫画集

Ebony and Irony 短編文学漫画集

  • 作者:長崎 訓子
  • 出版社/メーカー: パイインターナショナル
  • 発売日: 2012/10/19
  • メディア: 単行本
 

2/8 イラストコース

講師:平澤まりこイラストレーター)

f:id:parekura:20200214123925j:plain

課題「ここから仕事のオファーが来たら天にも上るくらいテンション上がる!という媒体、クライアントをなるべくリアルに想定して描く」

 

小説の装画、音楽のパッケージ、雑誌の表紙、ブランド広告、お菓子のパッケージなどの作品が並びました。

f:id:parekura:20200214124120j:plain

f:id:parekura:20200214124134j:plain

f:id:parekura:20200214124141j:plain


卒業間近にふさわしく、今後の活動について考えさせられる課題でした。

実際に、お仕事でみなさんの絵を見れる日が待ち遠しいです。

2/8 イラスト基礎コース

講師:網中いづるイラストレーター)

f:id:parekura:20200214123612j:plain

課題「居間と台所を描く」

 

今回のテーマは、お仕事でもよくあるシチュエーションとのこと。

見る人を第一に考えること、構図や色の構成など、どうすれば自分の伝えたいことを伝えられるか、アドバイスをいただきました。

f:id:parekura:20200214123629j:plain

f:id:parekura:20200214123637j:plain

f:id:parekura:20200214123647j:plain

 

2/2 絵本コース

講師:きくちちき(絵本作家)

f:id:parekura:20200207212246j:plain

 

ご自身の絵本を紹介していただきながら、デビューまでの流れ、普段どのように絵本をつくっているかなどお話していただきました。

質問もたくさん出て、授業後には即席のサイン会も!

 

1冊だけちきさんの絵本をご紹介。

 

『しろねこくろねこ』

今さら紹介するまでもない代表作ですが、筆跡がネコや草木や蝶々に見えることの不思議さ、そして中盤のモノクロから色が弾け、青一面の画面に至る流れは、何度読んでもページをめくる度に目を奪われます。

編集は木村真さん、デザインは菊地敦己さん。

授業でお話しされていた、お二人との制作秘話も興味深かったです。

しろねこくろねこ (絵本単品)

しろねこくろねこ (絵本単品)

  • 作者:きくち ちき
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2012/01/31
  • メディア: 単行本
 

2/2 イラストコース(振替授業)

講師:信濃八太郎イラストレーター)

 

f:id:parekura:20200207124321j:plain

 

信濃八太郎さんの振替授業は自信作の講評。

 

「想いを誰かに届けるのがイラストレーションの役割。伝えようとたくさん描いているうちに、自分の絵が確立してくる」。

信濃さんがどのようにイラストレーターになったか、先生である安西水丸さんとの貴重なエピソードも聞くことができました。

2/1 イラストコース

講師:服部一成(アートディレクター)

f:id:parekura:20200207123958j:plain

 

課題「自分が大好きな絵をもとにして作品をつくる」

 

構図はそのままでタッチを変える、元絵から物語を想像するなど、どの作品を選ぶか、元絵から何を感じとるかに個性が出ました。

先行する作品をただマネるのではなく、そこから何をどう学ぶか。

 

f:id:parekura:20200207124014j:plain

f:id:parekura:20200207124024j:plain

f:id:parekura:20200207124035j:plain