24期開講中。授業見学は対面、オンラインで3/13までできます。   2022年度25期は6月からスタート。   募集期間は3/1ー5/20。   お問い合わせ:information@pale.tv 03-3542-8099

講師:菊地敦己(アートディレクター)




課題「これまでに描いた絵を1点選び、その絵と同じ内容を、早く描く方法を考えて、同じサイズで短時間で描いてくる。



講評では、「元になった絵」と「早く描いた絵」を提出しました。
早く描くということは、作業の簡略化ということではなく、
絵を描くときには色彩計画や画面構成を理解することが大事で、どこを簡略化するかがポイントとなりました。
絵の構成を理解していれば、描くスピードは早くなっても伝達する効果は変わらないとのこと。
また、早く描くことで違う視点を発見することもできます。

講評ではそれぞれ丁寧アドバイスしていただきました。




PLAY

PLAY