23期開講中。授業見学もできます。お問い合わせ:information@pale.tv 03-3542-8099

イラスト卒業生コースのみなさんが、イラストレーションの歴史を学ぶ自主ゼミのような勉強会を始めました。
各自が好きな/影響を受けたイラストレーターについて調べて紹介する形で、1回目の今日のテーマは、50年代のイラストレーション。

大橋正や山名文夫といったグラフィックデザイナー/イラストレーターから、絵本作家でもあった長新太いわさきちひろ
雑誌「それいゆ」で活躍した内藤ルネ、ちょっと不思議な世界を描いた谷内六郎真鍋博
漫画家でもあった松本かつぢ、海外ではノーマン・ロックウェルなど。


それぞれのルーツのようなものが見えてくると同時に、イラストレーションとは何か、雑誌・広告をはじめとしたマスメディアとの関係、時代との関係などを考えるきっかけになり、とても興味深かったです。



次回も楽しみです!