23期開講中。授業見学もできます。お問い合わせ:information@pale.tv 03-3542-8099


講師:信濃八太郎イラストレーター)

課題「あなたが『これだけは誰にも負けないくらい好きな(または嫌いな)コトやモノ、みんなに良さを知ってほしいコトやモノ』について、熱い気持ちを3分程度にまとめて話す。その魅力を伝えるために必要な絵を描く」の講評。


イラストレーターにとって絵が描けるのは当たり前で、仕事になるかどうかは絵の先にある「人」の問題になる、とのこと。
そこで、今回の課題では、絵は補足で、描いた本人が主役。
どうやったらその「想い」が「話」と「絵」で伝わるかを考えます。


先生である安西水丸さんの言葉や自分のこだわりを突き詰めることの重要性、「個人的な興味や関心の先に仕事がある、そうじゃないと続かない」など、信濃さんのイラストレーターとしての姿勢を明確に打ち出した授業はとても刺激的。


普段は見えてこない、生徒さんひとりひとりの人柄やこだわりが見える面白い授業でした。





こちらは最近の信濃さんのお仕事です。

アメリカ経済 成長の終焉 上

アメリカ経済 成長の終焉 上

ニンゲン御破算

ニンゲン御破算