23期開講中。授業見学もできます。お問い合わせ:information@pale.tv 03-3542-8099


続けて40人目の講師紹介は、イラストレーターの平澤まりこさんです。

書籍や広告を中心に活躍され、絵と文章によるイラストルポ、イラストエッセイのお仕事が多い平澤さん。
旅やお買い物、暮らしと雑貨、ベランダ作りなどさまざまなテーマの著書があります。


著書に、小川糸さんとの共著『ミ・ト・ン』(白泉社)、
『旅とデザート、ときどきおやつ』(河出書房新社)、
『ずっとこんなのほしかった。』(集英社)、
『1カ月のパリジェンヌ』(主婦と生活社)、
『イタリアでのこと』(集英社)など。

ミ・ト・ン (MOE BOOKS)

ミ・ト・ン (MOE BOOKS)

旅とデザート、ときどきおやつ

旅とデザート、ときどきおやつ

ずっとこんなのほしかった。

ずっとこんなのほしかった。

1カ月のパリジェンヌ

1カ月のパリジェンヌ



絵本作品に、『しろ』、『森へいく』(ともに作・阿部はまじ)、
『コーヒーの絵本』(作・庄野雄治)があります。

しろ

しろ

森へいく

森へいく

コーヒーの絵本

コーヒーの絵本


パレットクラブでは、イラストコースとイラスト基礎コースで教えていただいています。


どちらのコースでも、「人に何かを伝える」という
イラストレーションの基本について、お話してくださいます。


どうすればより伝わりやすくなるか、
説明的過ぎてはつまらないし、独りよがりでは伝わらない。
この微妙なバランスが難しい。
具体的にひとりひとりの作品を講評しながら、
アドバイスをいただきます。


また、つねにポジティブシンキングな平澤さん。
その前向きで人をひきこむ言葉や振る舞いから、
フリーで働き続けるための思考方法を学べるはずです。


平澤さんの昨年の授業の様子はこちら↓
http://d.hatena.ne.jp/parekura/20170916
http://d.hatena.ne.jp/parekura/20171202
http://d.hatena.ne.jp/parekura/20180210


平澤まりこさんHPtwitter