23期開講中。授業見学もできます。お問い合わせ:information@pale.tv 03-3542-8099


講師:都築潤イラストレーター)



〈実技〉
『はめ絵を描く』

最初に都築さんの著書である『日本イラストレーション史』に添って、簡単に『イラストレーションとは何か』について、お話いただきました。
イラストレーションの語源、定義づける意味、イラストレーションとアートとの違い、イラストレーションと広告との関係などを、分かりやすくお話いただきました。

それから『はめ絵』の実技へとうつりました。
都築さんが用意された紙には一つの形が描かれており、その外形を利用して絵を仕上げるという実技でした。
一つの形というしばりの中で描く事で、手グセを奪われ、描き慣れた状態を排除することになります。この縛られた条件で絵を描くことは、新たな作風を生むことになり、可能性は広がるとのことでした。
みなさんの、作品を見ると、風景、人物、動物などさまざま。。
一つの形で色々な表現が生まれました!


日本イラストレーション史

日本イラストレーション史