24期開講中。授業見学は対面、オンラインで3/13までできます。   2022年度25期は6月からスタート。   募集期間は3/1ー5/20。   お問い合わせ:information@pale.tv 03-3542-8099


講師:長崎訓子イラストレーター)

<課題>
利き手と反対の手で、画材を使わずに(注1)自分の好きなモチーフを(注2)100枚以上描く。

その中から1枚、自分で気に入ったものを選び、利き手でブラッシュアップする。その作品を使用、展開した印刷物を作ってくること。
注1)
  筆、鉛筆、マーカー、クレヨン、パステル、ペンなどの、いわゆる「描く道具」は使わない。
  墨汁、インク、各種絵の具などを「つけて」描くのはOK。
注2)
  生き物、植物、のような有機物。車、静物などの無機物。
  水面、雲、のような現象。キャラクターなど、なんでも可。
  ただし、なるべくワンテーマで。
  実物や写真などを参照し、空想だけで最後まで進めないこと。





「100枚描いたもの」「ブラッシュアップしたもの」「印刷物」をすべて並べて講評していただきました。

100枚描くことで自分の線の練習にもなるし、一つのテーマを利き手ではない手で描くことで思いもよらない線が描けて、
新しい発見があり面白いもの出来るきかっけになるそうです。
100枚描いたものをモチーフにしてブラッシュアップするときに自分の絵のどこが魅力的か判断できるかが講評のポイントとなりました。
途中の線の面白さを生かして自分では考えつかないような作品を作ることも大切とのことでした。

みなさん、それぞれ新しい発見があったようです。