23期開講中。授業見学もできます。お問い合わせ:information@pale.tv 03-3542-8099


講師紹介第20回は、元福音館書店 編集者の作田真知子さんです。


こどものとも」編集長を務められ、これまでに編集に携わった絵本は150冊を超えるそうです。


パレットクラブでは、絵本コースで教えていただいています。
作田真知子さんに関する過去の記事


これまでに、『いいことってどんなこと』(作・神沢利子 絵・片山健)、『ちょっとだけ』(作・瀧村有子 絵・鈴木永子)、『とんことり』(作・筒井頼子 絵・林明子)、『きょうのおべんとうなんだろな』(作・岸田衿子 絵・山脇百合子)、『カニツンツン』(作・金関寿夫 絵・元永定正)などの編集を担当されています。

ちょっとだけ (こどものとも絵本)

ちょっとだけ (こどものとも絵本)

とん ことり (こどものとも傑作集)

とん ことり (こどものとも傑作集)

カニ ツンツン (こどものとも傑作集)

カニ ツンツン (こどものとも傑作集)


現在は、神奈川県湯河原に絵本のギャラリー『飛ぶ魚』をオープンされ、絵本の原画の展示やトークショーなど、絵本と絵と人との出会いの場づくりを行われています。
現在、『飛ぶ魚』では、絵本作家の降矢ななさんの原画展が開催中です。


【作田真知子さんから生徒さんへのメッセージQ&A】
Q.絵本作家として何が最も大切なこと?
A.世界を新しく見て感じ、自分ではなく、見て感じた世界を、素直におもいやりをもって表現すること。
Q.影響を受けた作家は?
A.エリナー・ファージョン
Q.生徒さんが見ておくべき、知っておいたらよい作品は?
A.『110人のイラストレーター』(堀内誠一著・福音館書店刊)興味を持った本は現物を見て、味わってみる。
Q.これから入学される生徒さんへのアドバイス
A.子どもとおとながともに生きている不思議をいつも心にとめて生活すること。


飛ぶ魚HP


パレットクラブ スタッフK
イラストスクール|PALETTE CLUB SCHOOL
現在、18期生募集中です!