現在22期開講中。お問い合わせ:information@pale.tv 03-3542-8099


講師:いとう瞳イラストレーター)

実技「透明な下敷きに描く」。


透明下敷きにアクリルガッシュを塗り、削っていきます。
紙と版画の中間のような感覚で、マチエールで遊ぶ実験をしました。





2枚重ねることで違った表情が生まれたり、新しい効果が生まれるのも面白かったです。


講師:都築潤イラストレーター)

講義「日本イラストレーション史」。


60年代から現在まで「イラストレーション」という言葉の使われ方がどう変化してきたか。
日本のイラストレーションの歴史を2時間に凝縮した講義でした。


日宣美や『年鑑日本のイラストレーション』、80年代のコンペブームを中心に、膨大なイメージと名前が登場。
領域が広がり、多様化していくイラストレーションの流れを知ることができました。
最後には、現在イノベーティブな活動をしているイラストレーターにも触れられ、充実の2時間でした!


日本イラストレーション史

日本イラストレーション史